第6回【雪が降るのも自分の責任】の意味とは?

『社長の仕事』 を読むたびにいつも心深く響く言葉がある! ▼▼▼▼▼▼ 人のせいにしない全て自分の事として とらえているか?

自分の方向に矢印が3本向いている

のに気づかないだけ! 3本の矢が自分を向いている

あいつのせいだ! あれが悪い! 誰かのせいにする! 相手には1本の矢。 自分には3本の矢が向いている。

ここに気づいた瞬間から 変われる。 全ての起こることは 自分ごととして捉えられているか。 いや、捉えなければ次は無いと 覚悟する。 ■ 社長の仕事 No.1: 成功する経営者の第一条件 ■  「 雪が降っても、自分の責任 」   くらいに考えているか?  私たちは、失敗する。  必ず、失敗する。  理想を目指せば、 日々、うまくいかないことだらけだ。  それが経営の現実。  しかし、 それは他の誰の責任でもない。  すべては、 経営者である私たちの責任だ。 失敗するのには、理由がある。 うまくいかないのには、理由がある。 失敗は、 その理由を教えようとしてくれている。 「今のやり方は間違っているよ」 と教えようとしてくれているのだ。  しかし、 成功できない経営者は、 失敗の原因やうまくいっていない理由を、  自分ではない他の誰かや 何かの責任にして、 その教えから、逃げている。  それで経営がより 良くなっていくハズがない。  自分以外の責任にばかりしていないか?  言い訳ばかりになっていないか?  自分を冷静に見つめ直してみよう。  「 雪が降っても、自分の責任 」  それくらいの覚悟をした 経営者だけが、  失敗を糧にして、 一歩一歩、 成功に近づいていく。  ― 浜口隆則・著「社長の仕事」より抜粋


最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • ミッキー石田ブログ

アクセス

〒981−3102 宮城県仙台市

泉区向陽台2−21−5

 

お問い合わせ

TEL&FAX(アリスワールド内)

      TEL:022−772−2625

      FAX : 022−772−2625

 

 

 

 

 

連絡先

​info@mickeyishida.com

 

 

 

 

© 2018

無断コピー・無断複写・無断転載を禁じます。

 

  • youtube
  • facebook
  • Instagram