プラッチコウとは?Vol.17

August 31, 2018

 

プラス思考=プラッチコウ 

ミヤゾンのお母さんの言葉

トライアスロン形式マラソンスタート時の言葉
『やるぞ!やるぞ!やるぞ!』

の意味はこうだった。



みやぞんの
「プラッチコウ」
(プラス思考)と何度も言いながら
走ったトライアスロン形式のマラソン
めちゃくちゃ感動した。


母の言葉に助けられ、

ここまで 

これからも頑張れると

プラッチコウという魔法の言葉があった!

サンバイザーの後ろに書かれた
お母さんからのメッセージ!

 

 

 


『笑顔で最後まで頑張れ!春奈』

 

 

 



もうダメかもしれない

もう嫌だ

なんでだよ

と怒ったりふて腐れたり

「そんな時間がもったいない」
人間だもの、頑張って生きてるもの

 

 

 



「プラッチコウ」

 

 

 

 



で笑顔で乗り切った方が幸せだもの、

マイナス思考でいる時間なんて勿体ない

プラッチコウと言っている!





母の言葉を聞くと、
僕の母が言ってるんだから大丈夫 

そう心から思え背中を

押され笑顔になれたそうです。

 

 



決して裕福な家ではなく

母一人で育てられた 
みやぞんは、
病弱で学校も


早退・休みがちだったため、

小学4年生から野球を始めました

そのおかげで、


丈夫で健康な体に

なったとのことですが
小学・中学と続けてきた

野球を高校でも続ける事は

ユニフォームや道具を揃える事が

家計を苦しめる事になるからと
悩んでいたそうです


そんな時も母は、

「プラッチコウ」

大丈夫とユニフォーム代を
用意してくれたそうです



それは、母が唯一自慢して持っていた

ダイアモンドの指輪を

質に入れ用意した

お金だったそうです。

どう生きるかは

自分次第・時間の使い方も自分次第

どのように生きていくか
自分次第・

どのように先に進むか自分次第


「プラッチコウ」


で生活していくのも素敵ですね

「自分次第」

といっても色々ありますが、

誰かの背中を押してあげられるような


「プラッチコウ」


はプレゼントしてあげられる

自分になりたいものです

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Please reload

最新記事

December 9, 2018

August 22, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • ミッキー石田ブログ

アクセス

〒981−3102 宮城県仙台市

泉区向陽台2−21−5

 

お問い合わせ

TEL&FAX(アリスワールド内)

      TEL:022−772−2625

      FAX : 022−772−2625

 

 

 

 

 

  • youtube
  • facebook
  • Instagram

連絡先

​info@mickeyishida.com

 

 

 

 

© 2018

無断コピー・無断複写・無断転載を禁じます。